とあるweb屋の仕事術

10年以上現役のweb製作屋さん。web製作雑務全部やる。

【Webデザイナーやディレクターとして経験を爆上げする方法】場数を踏む、自発的に何でもやる、勝手にやる、面倒なタスクを積極的に引き受ける

【Webデザイナー、ディレクターとしての経験を爆上げする方法】場数を踏む。自発的に何でもやる、勝手にやる、面倒なタスクを積極的に引き受ける

Webデザイナーやディレクターとしての経験を上げたい。
でも経験ばかりは、ある程度の期間を必要とするのですぐにどうこうできるものでもないし、難しい。そう考えているひとも多いと思います。

 

たしかに「経験」は他人から得られるものではないですし、自分である程度の期間、専門的に特定の分野やものごとに従事している必要があるのは間違いありません。

 

ですが、意識すれば経験する速度、成長する速度は早めることができます。そのヒントがこちらのツイート。 

 

共感の嵐、3000回いいねしたいツイートですね。結論からいうと「しのごの言わずにさっさとなんでもやる」ということなんですが、以下に僕の考えを補足します。

 

 

Webデザイナーやディレクターとして経験を積むには「なんでも自分ごと」にする、勝手に進める、自発的にやる、率先してやる。

少しポジショントーク的な話になりますが、チームや組織でプロジェクトを回していると、必ず面倒な仕事が発生します。誰もやりたがらないようなつまらない仕事、面倒事などいろいろでてきますよね。

 

僕のまわりにいて優秀だなと思うデザイナーや、ディレクターはとにかく自発的にそういったタスクを引き取って勝手に進めているひとです。そういった仕事の仕方をしている人の特徴はとにかく場数を踏んでいるということ。場数の多さから経験がたまって、知見や見聞が広く問題解決能力が高い。成長速度が圧倒的に早いです。

 

そして何よりまわりから感謝されて、信頼されるのでプロジェクトや仕事を回しやすくなるんですよね。回転率が早いと、さばけるタスク量のキャパが増えるので、結果的にいろいろと経験できて、成長速度が上がります。

 

 

場数を増やすことを積極的に自分でやる

ディレクターよりの話になってしまいましたが、デザイナーでも同じです。とにかく自発的になんでもチャレンジして進めると、実装力が身につき、安定した開発ができるようになります。

 

顧客との打ち合わせにも積極的に参加すると経験値が上がります。とくに経験が少ない初学者のうちは、自分に関係ないプロジェクトでも積極的に参加させてもらったりするとよいです。

 

先輩や上司がどういった提案や切り返しをしているのか。こう聞かれたらこう返す。質問に対してどう回答すればいいのか、顧客が何を求めているのかなど、まさに場数を踏むことで、だいたいそういうのはパターン化されていくので、それが積み重なると強いですね。