とあるweb屋の仕事術

10年以上現役のweb製作屋さん。web製作雑務全部やる。

meta descriptionのベストプラクティス。指定しない(Googleの自動抽出にまかせる)という考え方

【良記事紹介】meta descriptionのベストプラクティス。指定しない(Googleの自動抽出にまかせる)という考え方

サイトの meta description を指定せずにGoogleの自動抽出にまかせる方針のほうがよいのでは、という良記事の紹介です。 

www.waca.associates

 

一部引用します。 

実務的に考えると、meta descriptionを1ページずつしっかりと考えるのは、かなりの手間です。

HTMLのmetaまわりについて、私は次のような方針で実装しています。

  • title要素は「ページ名 | カテゴリー名 | サイト名」(ページ名について、記事の場合は長くなってもよいので具体的に書く)
  • meta descriptionは指定しない
  • meta keywordsは指定しない
  • OGPは指定する
  • Twitter Cardは指定する

もちろん、トップページだけは、meta descriptionをしっかりと指定しておく、といった判断もあってよいでしょう。

 

僕もこの方針に概ね同意です。

 

 

meta description を設定するのは結構たいへん。

CMSがありコンテンツを動的に生成するWebサイトで、ページ数もそこそこの中規模な場合、いちいち meta description を設定するのは、運用する側からしてもなかなか重労働です。各ページ考えるのは大変だったりします。

 

 

Googleは適切に検索結果を変更してくれる

ページのコンテンツさえしっかり作っていれば、Googleの検索結果にはGoogleが自動抽出してくれます。むしろ、Googleは meta description を指定していようがいまいが、検索ワードに対してサイトのコンテンツ本文からテキストを自動抽出してスニペットを表示します。

 

こうなってくると、特に指定は必要ないなというのが効率的ですし、合理的判断だなと思います。ちなみにGoogleはタイトルも自動で適切に切り取って表示するので、文字数にとらわれる必要もありません。Googleは適切に検索結果を変更してくれるんですよね。

 

タイトルに関しては下記の記事でも書いたのでこちらもどうぞ。 

www.toaru.jp

 

まだ meta description で消耗してるの?

先に紹介した記事では

最近、私がリニューアルを担当したWebサイトでは、すべてのページでmeta descriptionを指定しない(Googleの自動抽出にまかせる)ようにしています。

ということですが、僕も最近はそうしています。

 

この考えは効率的な開発方針かつ運用方針だなと思います。meta description で消耗してる場合は思い切って上記の方針をとるというのがひとつのベストプラクティスになりそうですね。