とあるweb屋の仕事術

10年以上現役のweb製作屋さん。web製作雑務全部やる。

一緒に仕事したいと思うWebエンジニア/デザイナーはゼロ回答をせずに代案を出す。

一緒に仕事したいと思うWebエンジニア/デザイナーはゼロ回答をせずに代案を出す。

Web製作は、社内社外問わずなんといってもコミュニケーションのつらみが多いですよね。Webエンジニアやデザイナーはクライアントやディレクター、同じチームや組織のメンバーから実現方法や仕様の相談を受けることが多いと思います。
そんなときやってはいけないのが、ゼロ回答です。 

 

何か相談した時に「難しい」から始まるコミュニケーションは辛い。 社内のエンジニアは新しいことを相談すると、「どうすれば実現できるか」から考えてくれるので、めちゃ仕事がしやすいです。 「思考停止」を促す言葉を使わない

 

「できない」「難しい」

 

これを言ってしまうと話が終わってしまいます。
あ・この人に相談しても無駄だな、仕事したくないんだな、と思われてしまいます。
クライアントからはもう二度と発注してもらえないでしょうし、社内の人からは、この人と仕事したくないしそもそももう相談するのやめよう、と思われて終わりです。

 

相談されたら「できない」「難しい」だけではなくやりたいことを実現するにはどうすればいいか。ほかのアプローチはないか、ほかのアプローチはできないか。別の案があるけどこれならどうか、と提案するようにしましょう。

 

かならず代案や別の方法があるものです。

代案をだして提案できるWebエンジニア/デザイナーはどこでも需要があって重宝されます。