とあるweb屋の仕事術

10年以上現役のweb製作屋さん。web製作雑務全部やる。

スマホの大型化でWebサイトの画面下の要素、見逃しちゃうことあるよね問題

スマホの大型化でWebサイトの画面下の要素、見逃しちゃうことあるよね問題

スマホの大型化したことで

Webサイトの画面下に配置してある要素、

たまに見逃しちゃうよね、という話。

 

先日こんな記事を読みました。

note.mu

 

大型化するスマホのディスプレイ、

そしてUIのトレンドに関する記事です。

大手のアプリの例を交えて解説されています。

ここ最近はアプリの主たる機能のほとんどが、

「画面半分より下」で操作可能というのが、

ひとつトレンドとしてあるようです。

 

以前から言われていることですが、

大型化で片手操作でカバーできる

範囲が狭くなってるよという図もありました。

スマホの大型化で片手操作でカバーできる範囲が狭くなってる

スマホの大型化で片手操作でカバーできる範囲が狭くなってる

(画像:https://note.mu/goando/n/n9346aea1b0ea

 

片手操作で

リーチできる範囲に関しては

iPhone6 Plusが出たときにも

話題になりましたね。

(画像:https://www.gizmodo.jp/2014/09/post_15582.html

 

 

僕はもう片手操作は諦めて、

両手で使用しています。

少し前の調査だと利き手で

操作しているひとが多かったようですね。

スマホを持つ手は左派?右派?から、スマホに最適な1カラムデザインの見直し - 通販CRM LTV-Lab|顧客管理・顧客分析

(調査範囲が狭いので微妙かもしれませんが・・・)

 

で、上記で紹介した記事を

もろもろ見た上で、3000回いいねしたい

わかりみの深いツイートが

あったので紹介しておきます。

 

 

これこれ。わかるゥー!

スマホの画面が大きくなったことで、

スマホ画面下にあるUIがあまり目に

入らなくなっていて、UIに気づかない

ことが増えました。

 

だいたい画面真ん中くらいを

見ながらスクロールしていて、

画面下の方でアニメーションとか

マイクロインタラクション的なUIが

あっても見逃すんですよね。

画面下に追従する固定メニューにも

気づかなかったり。

 

アプリとWebサイトで

UIの最適解はまた変わってきますが...

アプリでは各機能の操作は画面下の方で

やることに慣れています。

これは慣例化してきていると言っても

いいでしょう。

 

Webサイトではまだ

スクロール前提のサイトが

ほとんどですので、

視点は画面半分より上に

いきがちで、下の方で操作するUIは

まだそれほど一般化されていませんよね。

画面したの要素はやはり

見落としやすい気がします。

 

扱うコンテンツや特性、

どのような機能かにもよるので、

とくに正解や最適解といった結論はない

のですがスマホサイトやアプリの

UI設計する際には、

あたまにいれておきたいですね。

 

画面下の要素は、

見落としやすいが操作はしやすい

という矛盾。こんな記事もあります。

www.webcreatorbox.com

 

ついでに紹介。

Twitterでスマホのナビメニューで、

めずらしいUIを見かけました。

 

 

国立新美術館 THE NATIONAL ART CENTER, TOKYO

 

画面縦割り、スプリット型のナビです。

なかなか斬新だなと。

意外に使いやすいかもしれませんね。

画面下が見落としやすいなら

縦においてしまえ、という発想も

ありかもしれません。

 

それでは。