とあるweb屋の仕事術

10年以上現役のweb製作屋さん。web製作雑務全部やる。

スマホサイトに記載されている電話番号は「<a href="tel:電話番号">」で電話発信用リンクにするべきか

スマホサイトに記載されている電話番号は「<a href="tel:電話番号">」で電話発信用リンクにするべきか

スマホサイトにある

電話番号はリンクにすべきか問題。

 

店舗を取り扱っているWebサイト

であればお店の電話番号が掲載されているし、

 

会社サイトであれば

会社概要に電話番号が掲載されています。

 

ECサイト、ネットショップであれば、

特定商取引法に基づく表記ページに

電話番号が記載してあります。

 

さまざまな箇所でWebサイトには

電話番号がありますが、これらすべて、

何でもかんでも「<a href="tel:電話番号">」で

電話番号を電話発信用リンクにするのは

間違いです。

 

電話発信用リンクにするかどうかは、

電話番号を記載している目的や、

Webサイトの運用を考慮して設定する

必要があります。

 

iPhoneのsafariではもともと、

電話番号を検出して自動的に

リンクする機能があり、

連続した数字は電話番号

として認識されリンクになってしまいます。

(これ誰得なんでしょうね。。。)

 

こんな余計なお世話な機能は、

ほとんどのサイトがこの機能を

無効にしてると思います。

無効にするには下記のmetaタグを設定します。

 

<meta name="format-detection" content="telephone=no">

解説:https://www.tagindex.com/html5/page/meta_format_detection.html

 

さて、このメタタグで電話番号自動検出、

自動リンクを無効にするわけですが、

電話番号をリンクにするのは、

<a href="tel:電話番号">を使います。

 

とあるクライアントワークの

Webサイト受託案件でのこと。

 

Webサイトに

電話番号表記があったので、

当たり前のように<a href="tel:電話番号">で

電話発信用リンクにしていました。

 

するとクライアントから

「電話はきてほしくないからリンクを無効にしてくれ」

と言われました。

 

受託でWebサービス、Webサイトを

製作しているとクライアントから

思わぬ指摘をもらって、新しい視点や

発想を得ることがあるのですが、

この電話番号の件でも学びがありました。

 

クライアントの要望と事情をもう少し補足すると、

 

『電話番号の表記はしておきたい。

しておかないとWebサイト、サービスとしてはどうかと思う。

ただ、簡単に電話できるようにはしないでほしい』

 

ということでした。

この発想はなかったので、

「なるほど」と思いました。

 

たしかにサイトを見たユーザから

簡単に電話をかけてきてもらっては、

めんどくさいわけですね。

いちいちそんな対応はしていられない。

でもサービス提供側としては

電話番号の表記はしておかないといけないので、

とりあえずリンクを無効にしておくという着地点。

 

逆にこれが食べログやぐるなびのように

お店紹介をして集客機能を担っている

Webサイトであれば、

ユーザが電話で発信してお店とコンタクト

をとれたほうがメリットがあります。

Webサイトから集客できるひとつの方法、

手段なので電話番号はリンクにしておくべき

と言えるでしょう。

 

と、上記のようにWebサイトに

電話番号を記載する意味を考えて

リンクにするかしないかをよく

検討するべきです。

 

電話がかかってきてほしい、

かけてほしい、電話が簡単に

かけらることにメリットがある場合は

リンクにする、ということですね。

 

ケースバイケースではありますが、

冒頭で書いた電話番号の例でいうと、

 

会社概要ページにある電話番号も、

ECサイト、ネットショップの

特定商取引法に基づく表記ページに

記載してある電話番号も、

 

電話かかってきたら

面倒なだけなので、

リンクにしないほうがよい、と思います。

簡単に電話をかけれる

ようにするメリットがないので。

リンクにしないが得策ですね。

 

というわけで、

Webサイトで電話番号を表記するときは

電話発信リンクにしたら電話かかってくる

件数がもしかすると増えるかもしれないよ、

という懸念点を伝えて、

クライアントに意向を確認するように

しましょう。