とあるweb屋の仕事術

とあるweb屋の仕事術

10年以上現役のweb製作屋さん。web製作雑務全部やる。

クックパッドのプレミアムサービスのお試し利用に学ぶ、Webサイトやサービスを継続的に利用してもらう方法「ゲーミフィケーション」

クックパッドのプレミアムサービスのお試し利用に学ぶ、Webサイトやサービスを継続的に利用してもらう方法「ゲーミフィケーション」

WebサイトやWebサービスは

継続利用してもらってなんぼ、

ということで

継続的に利用してもらうにはどうすればいいか、

という点において少しヒントになるような良記事を紹介します。

 

shumaiblog.com

 

↑こちらの記事では少し古いですが

クックパッドが有料で提供している

「プレミアムサービス」。

 

この有料の「プレミアムサービス」を

継続する仕組みのひとつとして

ゲーミフィケーションが取り入れられている点

について紹介されています。

 

当時のクックパッドの

プレミアムサービスをお試しで使ってみると、

その無料お試し期間中に、

 

・プレミアム機能使うとスタンプラリーのようにスタンプが溜まっていく

・スタンプを集めるとプレミアムサービスが無料になるクーポンがもらえる

 

という仕組みがあったようで、

ユーザの継続を促すような

ゲーム要素がありました。

(2019/07/09 時点ではやっていないと思います)

 

機能がスタンプラリーのようになっている

機能がスタンプラリーのようになっている

(画像:https://shumaiblog.com/web-service-cookpad-premium/

 

Webサイトやアプリ、Webサービスは

機能が多い場合、ユーザは一部の機能しか

使わないこともしばしば。

 

サービスを最大限に使ってみないと

わからない魅力もありますが、そこに

到達する前に離脱してしまうユーザも多いので

もったいないですよね。

 

このクックパッドの仕組みはよく

できていて、スタンプにすることで、

4つの効果が期待できます。

 

  1. 機能の俯瞰性
  2. 機能利用へのアプローチ
  3. クーポンによるお得感の演出
  4. ゲーム感覚のエンタメ感

 

機能の俯瞰性

ユーザが多々ある機能を知らずに

やめてしまうのがもったいない。

スタンプ化して一覧にすることで

どのような機能があるかわかりやすくする

効果があります。

 

機能利用へのアプローチ

利用するとスタンプがたまる、

スタンプを貯めるとお得なので、

機能を利用しようというユーザ心理を

うまくついています。

 

クーポンによるお得感の演出

スタンプを集めると、ゴールに

無料クーポンという「餌」を用意。

クーポンにはユーザは弱いので、

ユーザが釣れるわけですね。

 

ゲーム感覚のエンタメ感

自然と機能を利用しているユーザ

からするとスタンプが貯まっていき、

無料クーポンがもらえるという

簡単にクリアできるゲーム感ありで

楽しい。

 

無料クーポンを目的に機能を利用する

ユーザからすると、目標があるので、

クリアするためにコツコツ使って

クーポンをゲットできるという

スタンプゲームを楽しめる。

 

--- ✂ ---

 

と、いろいろな角度から

ユーザへアプローチしています。

お試し期間で使っている中で

サービス自体がいいと思えば

ユーザは継続して利用してくれるので、

継続する仕組みとしてかなり

考えられていると思います。

 

このような手法を

「ゲーミフィケーション」といいます。

詳しくは下記サイトを御覧ください。

begirama2.net

 

簡単に言うと、

利用するとアイテム集まってお得だよ、みたいな

継続利用させる仕組みのことですね。

 

アプリではよくクーポン配布していたり

しますが、Webサイトではあまりやっている

ところはない気がしますね。

 

アプリでは端末にダウンロードして

利用できるためユーザ判定してサービスを

提供できますが、

 

Webサイトでは、

ユーザごとにサービスを提供するのに、

ログインが必要になるので、

いまいちこういった仕組みが進んでいませんね。

 

Webサイトのアプリ化であるPWAも

一般ユーザへの認知が低く、

あまり普及していません。

 

プッシュ通知を促すWebサイトは少し

増えてきましたが...

ログインを必要とせずに

例にだしたスタンプラリーのような

ことがWebサイトで実現できれば

もっといろいろ広がるんですけどね。

 

と、少し話がそれましたが、

ゲーミフィケーションを

取り入れたクックパッドの

マーケティングの事例でした。