とあるweb屋の仕事術

とあるweb屋の仕事術

10年以上現役のweb製作屋さん。web製作雑務全部やる。

WebサイトのナビゲーションにHOME(トップページ)への導線は必要か

WebサイトのナビゲーションにHOME(トップページ)への導線は必要か

先日こんなツイートが話題になっていました。

 

 

Web製作でのあるある。

この問題に遭遇したデザイナーも

多いのではないでしょうか。

 

ロゴをクリックしたら

トップページに遷移する、

というのはリンクが青いテキストで

アンダーラインが入っている

のと同じくらい

Webサイトでは慣習化されていて

常識にも思えます。

 

ですが、

「ロゴをクリックしたらトップページに遷移する」は

リテラシーが高いWeb界隈の人間だけで、

知らないユーザもたくさんいますね。

 

ということで結論としては、

ナビゲーションにHOMEへの導線は必要、

ということになると思います。

 

ターゲットとしているユーザ層にもよる、

と言いたいところですが、

ナビゲーションにトップへの導線がない理由が

ロジックとして弱いので、

以下のツイートのとおり、必要。

 

 

「なぜトップへの導線がないのですか?」

と指摘されるとロジックで説明するのが

けっこう苦しい。

 

「ターゲットがリテラシーの高い層なので必要ないと思います」

「知らないユーザもいるのでは?」

 

ぐぬぬ...となります。

 

アクセス解析で

明らかにクリックされていない

という結果があれば

はずしてもいいかもしれませんね。

 

ただそのときは、

「クリックされていない理由」もしっかり

分析しないとだめですけどね。

 

ナビゲーションからHOMEへの導線を

なくしたい理由は、デザイン上の

スペースの確保というところがあると

思います。

ほかにも表示したいメニューや

ナビゲーションがたくさんある場合などですね。

 

HOMEよりも「TOP」という

記述のほうが文字サイズ

少ないので、スペースを

節約したいなら「TOP」という

文字列にしたほうがよいですね。

 

ロゴをナビゲーションにいれる、

ロゴをナビに入れてルビを「TOP」と表記する、

家(home)のアイコン使用して

ほかのメニューとサイズを

差別化してスペースを節約するなど

方法はいくつかあります。

 

Appleでは、

ロゴがメニューに入っているので自然と、

ロゴがクリックできてトップにいく、

ということが想像しやすい

設計になっていますね。

 

ロゴがナビゲーションと一体化しておりトップへの導線と想像しやすい

ロゴがナビゲーションと一体化しておりトップへの導線と想像しやすい

 

というわけで、ナビゲーションに

トップへの導線はつけましょう、

スペースがないなら工夫しましょう

というお話でした。