とあるweb屋の仕事術

10年以上現役のweb製作屋さん。web製作雑務全部やる。

アドビからコーディングやプログラミング用途に最適化されたフォントがまたリリース。Source Han Mono(源ノ等幅)

アドビからコーディングやプログラミング用途に最適化されたフォントがまたリリース。Source Han Mono(源ノ等幅)

先日、プログラミングやコーディングに

おすすめなフォントを紹介しましたが、続報です。

www.toaru.jp

 

先日アドビがまた新たにフォントを

リリースしました。

「Source Han Mono(源ノ等幅)」です。

 

https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1186980.html

「Source Han Mono」は、同社の「Source Han Sans(源ノ角ゴシック)」と「Source Code Pro」の流れを引くオープンソースのフォント。幅広いグリフをカバーする「Source Han Sans」とコーディングに適した「Source Code Pro」を組み合わせた等幅フォントを作ろうというコンセプトとしては「Source Han Code JP」がすでに知られているが、これは基本的に日本語環境での利用を考慮したものだった。今回リリースされた「Source Han Mono」は、このコンセプトをPanCJK(日中韓など東アジアで汎用的に使えること)へ拡大したものであるといえる。

 

ということでグローバルな展開に向けて

汎用性が高くなった、ということのようですね。

コーディングやプログラミング用途に最適化されたフォントでウェイトが7種類というのは Source Han Code JP と変わらないようです。

 

ダウンロードはこちらから

https://github.com/adobe-fonts/source-han-mono

 

とりあえず個人的には

「 Source Han Code JP」でいいかなって

気がしてはいますが、今後の動向に注目です。