とあるweb屋の仕事術

とあるweb屋の仕事術

10年以上現役のweb製作屋さん。web製作雑務全部やる。

Googleの検索結果がますます充実。リッチリザルトでWebサイトにアクセスせずに情報がゲットできるように

Googleの検索結果がますます充実。リッチリザルトでWebサイトにアクセスせずに情報がゲットできるように

先日Googleが、

新しいリッチリザルトを

正式公開しました。

www.suzukikenichi.com

 

これは何かと言うと

上記の記事の中でも

動画で紹介されていますが、

検索結果に「よくある質問」や

「How to系(方法や手順)」の

コンテンツを展開する

新しい検索結果のリッチUIです。

 

よくある質問が検索結果で展開されている

よくある質問が検索結果で展開されている

 

ユーザはWebサイトにアクセスせずとも、

検索結果で答えがみれてしまうという

利便性があり、ユーザからするとうれしい

機能です。

 

先日公開されたばかりということで

まだ導入しているWebサイトは

少ないので、クライアントに

提案するにはもってこいの内容ですね。

 

実装もそれほど難しいものではないので

今のうちに提案して他社より先にやって

しまうのがよいとおもいます。

 

ただ懸念としてあるのは、

検索結果で充実した内容をすべて

見れてしまうと、Webサイトへの

アクセスが減ってしまうということです。

 

たとえば人物を検索すると、

Wikipediaの情報を表示したり、

地名+観光で検索すると観光スポットを

出したり。

イベント情報を検索すると検索結果に

イベントがずらーと表示されます。

 

人物を検索するとWikipediaの情報が表示される

人物を検索するとWikipediaの情報が表示される

 

地名+観光でおすすめスポットを出してくる

地名+観光でおすすめスポットを出してくる

 

地名+イベントでイベント情報を表示

地名+イベントでイベント情報を表示

と、いった具合に

Googleの検索結果は日々、

充実化しておりWebサイトの情報が

検索結果にピックアップされたり

しています。

 

今後もどんどん検索結果が

充実してある程度の情報が

検索結果で完結するようになると思います。

 

そうなると、

Webサイトへのアクセスも

減っていきWebサイトのあり方が

変わってきそうですね。

 

検索結果でのリッチリザルトが

重要な要素になることは間違いないので、

リッチリザルトの実装はやっておくべし。

 

検索結果で情報が見れるようになって

きている話はイケハヤさんがYouTubeで

以前紹介していました。

どの動画だったか...

 

www.youtube.com

イケハヤさんの動画は

Webのトレンドの話やテクノロジー系の

話が充実しているのでおすすめです。

 

話があっちこっちいってしまいましたが、、、

Webの動向のTipsでした。