とあるweb屋の仕事術

とあるweb屋の仕事術

10年以上現役のweb製作屋さん。web製作雑務全部やる。

広告バナーには規格がある!2カラムのWebサイトのサイドカラムの幅は広告バナーサイズを基準にするといい

広告バナーには規格がある!2カラムのWebサイトのサイドカラムの幅は広告バナーサイズを基準にするといい

モバイルファーストな世の中ですが、

今日はPCサイト寄りの話。

 

モバイルファーストとはいえど、

モバイルサイトのデザインオンリーで

考えるクライアントはまだまだ少ないです。

 

モバイルファーストだけど

PCサイトもしっかり構築する、

というかんじ。

 

スマートフォンの利用がPCを上回る

という調査結果もでているとおり、

スマートフォンの利用がPCを上回る、総務省調査 - BCN+R

 

今はおそらく6割7割がスマホでのアクセスに

なってきているので、

そのサイトのコンテンツの特性にもよりますが

そう遠くない未来に、PCサイトは

スマホサイトそのまま見せるかたちの

サイトが増えてくるかもしれません。

コスト面でいうとそのほうが合理的ですしね。

 

本題です。

PCサイトのレイアウトについて。

どんなWebサイトにもだいたいあるのが「バナー」。

広告バナーやコンテンツを訴求するバナーは

だいたいありますよね。

 

特に広告バナーですが、

広告のバナーは

国際標準規格としてサイズが

規定されています。

http://web-directors.net/modules/pico/index.php?content_id=87

 

規格外でもとくにペナルティはないし、

任意のサイズで問題はありませんが、

ほとんどのWebサイトは

国際標準規格を準拠していると思います。

 

Googleアドセンスで配信できる広告も

国際標準規格サイズのものです。

効果的な広告サイズ - AdSense ヘルプ

 

国際標準規格として定められているサイズには

やはり意味があって、視認性や認識性が高く

効果がでやすいサイズだということです。

 

ほとんどのWebサイトが準拠しているので、

バナーのサイズは慣習的にユーザが

見慣れているものです。

 

2カラムのWebサイトで

よく見かけるのは、

横幅300pxの正方形のバナー。

 

2カラムのWebサイトの場合、

クライアントがWebサイトを

運用していく中で、

広告掲載をするかもしれないので、

広告が掲載されても破綻しない

レイアウトにしておく必要があります。

 

その場合、サイドカラムの幅は、

国際標準規格で規定されたバナーが

表示できる幅、ということになるので、

これをひとつの基準とするのがよいと

おもいます。

 

だいたい広告が入るPCサイトでは

サイドカラムは

300pxあたりになっている

のはそういうことです。