とあるweb屋の仕事術

とあるweb屋の仕事術

10年以上現役のweb製作屋さん。web製作雑務全部やる。

全国展開のWebサイトにおける地域の分け方(エリア、都道府県の区分)

全国展開のWebサイトにおける地域の分け方(エリア、都道府県の区分)

全国規模での

コンテンツを取り扱う

Webサイトでは必ず地域での

セグメントがあります。

 

コンテンツの検索や、

ぐるなびや食べログ、

不動産のWebサイトのように

入口が地域で分かれていたりします。

 

ユーザ視点ではあまり意識することは

ないかもしれませんが、

サイトの実装側としては意識しないと

いけません。

 

どういう区分けにするかは、

サイトごとに違います。

どういうことかというと例えば

いくつか例を見てみましょう。

PCサイトですが、エリアの区分けの部分を

キャプチャしました。

 

ぐるなびの地域の分け方

ぐるなびの地域の分け方

 

食べログの地域の分け方

食べログの地域の分け方

スーモの地域の分け方

スーモの地域の分け方

アパマンショップの地域の分け方

アパマンショップの地域の分け方

ライフルホームズの地域の分け方

ライフルホームズの地域の分け方

タイムズの地域の分け方

タイムズの地域の分け方

カーセンサーnetの地域の分け方

カーセンサーnetの地域の分け方

e+(イープラス)の地域の分け方

e+(イープラス)の地域の分け方

というかんじでサイトごとに

地域の区分けが異なります。

特に決まりはないので、

サイトごとに違うことに関しては

なんの問題もありません。

 

Webサイトの実装時に

しっかりとクライアントと

すり合わせしておく必要がある

というくらいですかね。

 

ちなみに、

気象警報・注意報や天気予報は、

地域の区分けが決まっています。

気象庁 | 気象警報・注意報や天気予報の発表区域

 

独自のコンテンツを

取り扱う場合は、自分らの采配で

エリアの区分けを決めて問題ありません。

競合サイトがどのような区分けをしているか、

などは調べてみるとよいでしょう。

 

関東とは別に、

「首都圏」として区分けするパターンもあり、

コンテンツの特性上、

首都圏ユーザが多い場合には

有効な区分けの仕方だったりします。

 

クライアントに「首都圏」という

くくりを提案するのもありです。