とあるweb屋の仕事術

とあるweb屋の仕事術

10年以上現役のweb製作屋さん。web製作雑務全部やる。

ペッパーくんに搭載されているタブレットで動作するwebシステム・業務ツールを開発したときの話

ペッパーくんに搭載されているタブレットで動作するwebシステム・業務ツールを開発したときの話

3年くらいまえの話です。

以前ペッパーくんに搭載されている

タブレットで動作する

webシステム・業務ツールを

開発したことがありました。

とくに学びになるような話でもないのですが、

まぁ思い出話的な。

 

ペッパーくんの胸にあるタブレットは、

なんてことはないただのタブレットで、

OSは Android なんですよね。

 

大手のナショナルクライアントの

受託案件で、リアル店舗をもっていて

ペッパーくんを使って店舗とwebサイト

とを連携したサービス提供をする

というプロジェクトがあり、

UI設計・デザイン実装を担当しました。

 

お客さんがペッパーくんをつかって

その店舗でのいろいろなサービスや

案内を受けるというかんじのシステム。

店舗スタッフさんもペッパーくんを

使ってサービス提供・案内をするという

内容のものでした。

 

通常のタブレット端末でも動作するよう

webサイト・業務ツールの実装を行い、

ペッパーくんはちょっとしたおまけ、

というかんじだったんですけどね。

 

ペッパーくんのタブレットでの実装なんて

したことがなかったので解像度や画面幅、

OSのバージョンなど仕様は全然知らない。

 

クライアントからも特にペッパーくんの

仕様はよくわからないという

なんとも曖昧な要件でした。

 

というのもクライアントと僕の会社の間に

広告代理店がはさまって、広告代理店が

提案した企画・プロジェクトだったので、

クライアントが広告代理店のくちぐるまに

のせられてやってる感がありましたね。

 

契約自体はクライアントとの直契約です。

広告代理店は企画提案だけで、実装は

当然知らんというかんじのスタンス。

 

画面幅だけは教えてもらえました。

たしか1280x800だったかな...。

 

いちおうググって仕様を調べてみたのですが

当時、調べてもあまり情報がでてこなかった

記憶があります。

 

まぁペッパーくんはおまけだったので、

タブレットサイズで動くwebシステム、

業務ツールを開発してペッパーくんで

実際に動作確認すればいいや、という

ゆるい感じで進んでいました。

 

ただペッパー本体自体は、

会社にあるわけもなく、

遠方のクライアントだったため直接店舗に

いくこともできずだったので、

店舗のスタッフさんに確認をお願いして

進めていました。

 

結果、解像度が違うのか

レイアウトがくずれる状態に

なっていました。

 

どういう状態なのか写真をとってもらって

みたところ、教えてもらった画面幅より

もっと狭い感じのくずれだったので、

JavaScriptで画面幅を取得するコードを

書いたページをペッパーくんで表示して

もらい、情報を教えてもらいました。

 

教えてもらった画面幅よりけっこう

狭くて、ペッパーくん用にブレイクポイント

を追加して対応しました。

 

表示は問題ナシ、となったあとに

別の問題が発覚。

 

ペッパーくんのAndroidのバージョンが

ふるすぎて、SSLに対応していないという

ことになり、企画がポシャりました。

業務ツールだったのでログイン認証が

必要なシステムだったのです。

 

セキュリティ上の問題がでてしまうため、

SSLは必須。

 

ああ、、、、

 

まぁペッパーくんである必要がそもそも

ないプロジェクトだったこともあり、

店舗スタッフさんが別のタブレットを

使えればいいわけで、それで事なきを

得て終了というよくわからない結末でした。

 

企画提案した広告代理店はというと

途中で放棄したのか、もう話にすら

あがらず、そのままフェードアウト。

 

こういうプロジェクトも受託案件では

しばしばありますよね。

頻度は多くないものの、企画だけ先行

して実際にやらずに終わったり、

やったはいいものの盛り上がらず

ほそぼそと終わるなど。

 

クライアントのビジネスが

うまくいかないこともやはりあります。

 

もうないと思いますが、

ペッパーくん対応する際には、

OSのバージョンと解像度、画面幅を

JavaScriptで確認してから対応しましょう。

 

qiita.com