とあるweb屋の仕事術

10年以上現役のweb製作屋さん。web製作雑務全部やる。

仮想でドメインとIPアドレスを紐づけてなんちゃってDNS。Macのhosts編集に便利なアプリ「Hosts」

仮想でドメインとIPアドレスを紐づけてなんちゃってDNS。Macのhosts編集に便利なアプリ「Hosts」

hostsファイルとは、

ざっくりいうと、ドメインとIPを紐付けて

ローカルでなんちゃってDNSのような設定ができるファイルのことです。

このドメインはこのサーバですよ、という割り当てができます。

 

https://wa3.i-3-i.info/word11760.htmlDNSサーバなファイル

ホスト名とIPアドレスの対応付け

 

http://onocom.net/blog/windows-hosts-file/

DNSより先に参照されるIPアドレスとドメイン名の一覧

 

というような感じ。

 

「/etc/hosts」エトセのホスツなんて呼んだりしています。

 

このhostsファイルにIPアドレスとドメインを記述すれば、

指定したサーバに指定したドメインでアクセスできるようになります。

webサイトを新サーバで構築するときや

仮想でドメインを別サーバに当てて表示確認するときなどに

利用します。

 

それで「/etc/hosts」はPCのどこに格納されているか

というと、windowsであれば

「C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts」になります。

このファイルをメモ帳で開いて下記のように記述します。

 

IPアドレス(スペース)ドメイン もしくは

IPアドレス(タブ)ドメイン

127.0.0.1 example.com

 

で、windowsは上記ファイルをメモ帳などで

開いて記述すればOKです。

 

Macの場合は「/private/etc/hosts」にあり

これもテキストエディタで編集可能ですが、

隠しファイルだったり、編集権限(パーミッション)の

調整が必要だったりで少し面倒です。

ターミナルでコマンド叩くのもちょっと...という感じ。

 

そんな人向けに

簡単に編集可能なアプリ(設定ツール)があります。

 

Host

permanentmarkers.nl

Macのhosts編集(ホスト名とIPアドレスの対応付け)に便利なアプリ「Hosts」

このようにGUIのツールで管理できます

Macの環境設定から立ち上げることができる

アプリでGUIで設定できるので便利です。

 

webサイトの新サーバでの構築や

仮想でドメインを別サーバに割り当てたいときに

ぜひ使ってみてください。

 

 

参考サイト

blog.sou-lab.com

onocom.net

satopedia.com