とあるweb屋の仕事術

とあるweb屋の仕事術

10年以上現役のweb製作屋さん。web製作雑務全部やる。

プロジェクト管理ツールはもういらない!サクッとプロジェクト管理できるGoogleスプレッドシートがおすすめ

プロジェクト管理ツールはもういらない!サクッとプロジェクト管理できるGoogleスプレッドシートがおすすめ

みなさんプロジェクト管理ツール、

使っていますか。

今日は僕の勤めている会社ではどのように

プロジェクトを管理して進めているか

紹介します。

 

いろいろ便利なプロジェクト管理ツールが

ありますが、使用しているのは、

管理に使用しているのは、

Googleスプレッドシートのみです。

 

www.google.com

 

プロジェクトを進める他のツールとしては、

以下のようになっています。

  • クライアントとのやりとりはメール
  • プロジェクトごとにメーリングリストで関係者全員で情報共有
  • 社内用のメーリングリスト、クライアント用メーリングリストがある
  • 社内でのやりとりは、メッセージ・チャットでSlackを利用
  • 電話応対や口頭でのやりとりはすべてメーリングリストで共有

そして、タスクや進行の管理などは

Googleスプレッドシート、となります。

 

これは弊社が少人数での開発することができているから

実現できていると思っていますので、開発メンバーが

増えれば別のツールや本格的なプロジェクトツールの

導入も検討することになるとはおもいますが、

いまのところ、その必要性を感じていません。

 

開発メンバーは、だいたい多くて5名です。

構成としてはこんなかんじ。

  • メインのディレクター 1名
  • web/UIデザイナー 1〜2名
  • システムエンジニア/サーバエンジニア 1〜2名

中小のweb製作会社なのでまぁいろんなことを兼務

して回しています。全員がディレクターの役割も

担っています。

 

この規模であれば、プロジェクトツールは

必要ありません。Googleスプレッドシートで十分。

一度プロジェクトツールの導入を検討しましたが、

プロジェクトツールを使うことが仕事のようになり、

製作以外のところでの工数が増加してしまったので、

やめました。

 

Googleスプレッドシートの便利な点は、

とにかく簡単で、導入コストが低い点。

  • 学習コストが非常に低く、誰でもすぐに使える
  • ドキュメントの共有が簡単
  • ブラウザで利用できる
  • クライアントとの共有も楽
  • 他者の修正がリアルタイムで反映される
  • 修正の履歴が残る

プロジェクトツールは使い慣れていないと、

使用すること自体が仕事になってしまい、

コミュニケーションコストが高くつきます。

 

また、外注やクライアントとの共有も面倒です。

メンバーに加えるのも面倒です。

クライアントは、プロジェクトツールなどは絶対に

見ませんし、見る暇もないです。

(担当者は全員忙しい)

 

その点、スプレッドシートはURLひとつで

小難しいことなくサクッと確認できるので、

敷居が非常に低いツールといえます。

 

どんな使い方かというとたとえば、

開発中盤、開発メンバーのデバッグや、

細かいタスクの管理はこんなかんじ。

 

n太郎プロジェクトサンプル - Google スプレッドシート

→リンクを知っていれば誰でもアクセス可能に設定しています。

サンプルのため閲覧のみ可能にしていますが、

関係者だけ編集可能にするなどの設定ができます。

 

基本操作はエクセルとほぼおなじなので、

スケジュールをガントチャートとして作成も

できますし、むしろ欠点があまりありません。

 

Googleスプレッドシートを利用したことがない

という方、ぜひプロジェクトの管理に使って

みてください。最強です。