とあるweb屋の仕事術

とあるweb屋の仕事術

10年以上現役のweb製作屋さん。web製作雑務全部やる。

ディレクション力は想像力。「相手」を仮想化して先回りすること。

ディレクション力は想像力。「人」を仮想化して先回りすること。

webディレクションは

対人スキルだという話

以前書いたのですが、少し別の視点の話。

 

ディレクションに限らずですが、

web制作は人とのコミュニケーションが

制作進行に大きな影響を与えます。

スムーズに進めるためにはどうすればいいか。

こたえは、

 

「相手を仮想化して、

相手がどう動くかを予想して先回りする」

です。

 

「たぶんあの人ならここを指摘してくるだろう」

「あの人だったらこの場面でどうするか」

 

この考え方はかなり役立つと思います。

身近に仕事のデキる人がいれば、

その人だったらどうするか、

というのを想像してみてください。

その人を仮想して、先回りするんです。

 

仕事ができない人や遅い人は、

「想像力」がないことがほとんどです。

行動に対してどういう結果が待っているか、

というのをあまり考えていません。

 

この仮想化は、そういった面もカバーできる

考え方です。

 

この行動をとったら、相手はどう反応するか。

上司はなんて言ってくるだろうか、

クライアントは何を考えるだろうか、

自分がクライアントだったらどうするか、

などなど。

 

相手の行動を予測して、

先回りで何パターンか考えておくと

制作進行はスムーズになります。

 

相手を仮想化して考える、

おすすめです。