とあるweb屋の仕事術

10年以上現役のweb製作屋さん。web製作雑務全部やる。

絶対に役に立つ。Webデザイナーが知ってるとはかどるPHP「URLを判定して分岐」

絶対に役に立つ。Webデザイナーが知ってるとはかどるPHP「URLを判定して分岐」

絶対に役に立つWebデザイナーが

知ってるとはかどるPHPシリーズ。

本日は「URLを判定して分岐」です。

 

これは知っているとなかなか捗るんですよね。

WordPressだとトップページだけ表示するというのは

すでに用意されている書き方がありますよね。

 

<?php if ( is_home() || is_front_page() ) : ?>
  ここにトップページにだけ表示したいもの書く
<?php endif; ?>
 

こんなやつ。

 
WordPressじゃない案件だと上記は使えません。
PHPが使用できる環境だったらどこでも使える
書き方はないものか...
ありまぁす!コードはこちら。
 
URLに「hoge」という文字列が含まれる場合に
表示を切り替えたい時は以下のようになります。
 
<?php
  $uri = 'https://'.$_SERVER["HTTP_HOST"].$_SERVER["REQUEST_URI"];
  if(strstr($uri, 'hoge')) { ?>
  <div>このテキストはhogeページだけに表示されます。</div>
<?php } ?>
 
これで特定のディレクトリやコーナー配下だけに
表示させたい要素をサクッと簡単に実現できちゃいますよね。
トップだけ表示したい場合は、以下のように記述すればいけます。
 
<?php
  $uri = 'https://'.$_SERVER["HTTP_HOST"].$_SERVER["REQUEST_URI"];
  if($uri == 'https://'.$_SERVER["HTTP_HOST"].'/'){
?>
  トップだけ表示されますよ
<?php }else{ ?>
  それ以外のページですよ
<?php } ?>
 
 便利やで。
 
以下、ご参考まで。