とあるweb屋の仕事術

とあるweb屋の仕事術

10年以上現役のweb製作屋さん。web製作雑務全部やる。

マルチタスクは小さいタスクから片付けるのが鉄則。

マルチタスクで仕事早くしたいなら小さいタスクから片付けるのが鉄則。

仕事を早くするコツ。

だいたいWeb屋の皆さんはマルチタスクで

同時進行のタスクをいくつか抱えて

日々業務にあたっていると思います。

 

マルチタスクでは、ひとつのタスクが

滞ったり何かでハマったりして

作業が遅れたり止まったりしてしまうと、

あとのタスクに影響します。

タスクの渋滞が起きます。

 

なので簡単におわる小さいタスクから

処理することをおすすめします。

大きいタスクはあと回し。

 

マルチタスクで仕事をスムーズに、

素早く進めるなら小さいタスクから

処理するのは鉄則です。

 

重要なのは、

タスク全体の進捗度・処理量です。

 

大きいタスクから着手する人がいるのですが、

その場合、全体の進捗があまりみられません。

 

まず小さいタスクを処理して数を量をこなす。

そうすると進捗度・処理量があがって、

残るは大きいタスクひとつ、ふたつという状況になります。

これが理想です。

 

大きいタスクから取り掛かると、

そのほかの細かいタスクがいつまでも手付かずに

なってしまって、後手後手になります。

 

小さいタスクを手付かずのまま放置して

あとあと小回りが効かなくなって自分の首が

締まる、というのはWebの現場ではよくあることです。

 

精神衛生上もタスク量が多い状態なのは

よくありません。焦りがでてミスを誘発します。

タスクの規模を見極めて優先順をつけて作業しましょう。