とあるweb屋の仕事術

とあるweb屋の仕事術

10年以上現役のweb製作屋さん。web製作雑務全部やる。

絶対に役に立つ。Webデザイナーが知ってるとはかどるPHP「empty処理」

絶対に役に立つ。Webデザイナーが知ってるとはかどるPHP「empty処理」

前回「文字数制御」のPHPを紹介しました。

今回もWebデザイナーが知ってるとはかどるPHP、

よく使うempty処理のご紹介です。

empty処理とは、ざっくりいうと値が空のときのやつです(適当)。

動的な表示出力をしているUI実装で力を発揮します。

 

たとえば、

<ul>タグで実装されているUIがあった場合、

コードがこんな感じになるとします。

 

<ul>
<li>りんご</li>
<li>アップル</li>
<li>APPLE</li>
</ul>

 

この<li>タグたち、動的に出力されていたとして、

コンテンツがない場合、

HTML上で出力された結果は

こんな感じになったりします。

 

<ul>
</ul>

 

これは極端な例ですけどコンテンツがない場合、

<ul>タグだけになるんですよね。

そうすると都合が悪いです。

そんなとき empty処理 の登場です。

 

<?php if(!empty($hoge)){?>
<ul>
<li><?php echo $hoge ?></li>
</ul>
<?php } ?>

 

こんなかんじです。若干端折りましたが...(適当)

 

ループして動的にコンテンツ出力しているところで、

表示するコンテンツがないとき、

レイアウトの大元の親のブロック要素から非表示に

したいときなどに重宝しています。

elseを使ってある時ない時で出し分ける、なんてことも

動的コンテンツを扱うサイトではよく使用します。

 

<?php if(empty($hoge)){?>
 $hogeないとき
<?php }else{ ?>
 $hogeあるとき
<?php } ?>

 

ご参考まで。