とあるweb屋の仕事術

とあるweb屋の仕事術

10年以上現役のweb製作屋さん。web製作雑務全部やる。

メールの返信は早ければ早いほどいい。一次返信をうまく使おう。

メールの返信は早ければ早いほどいい。一次返信をうまく使おう。

web制作の過程で、重要なスキル、メールです。

メールのスキルはほんとうに重要で、

今回は返信の早さについてのお話。

 

仕事ができるひとって

メールも即返信くれたりしますよね。

安心感があります。

 

逆になかなか返信がかえってこない

人もいます。メールが届いてるのか

不安になるくらい遅いひともいます。

 

僕はメールは、

 ・基本的にすぐ返信する。

 ・返信に時間がかかりそうなもの、

  内容の精査が必要なものは一次返信をする。

 ・1日以上放置しない

を徹底しています。

 

一次返信は、相手にとりあえず

メール届いてますよ、内容見ましたよというのを

伝えるだけにとどめます。

詳細はあとから連絡するというかたちですね。

 

これをするかしないかでは、

相手の印象が変わってくるのと、

メールをひとつ待たせている間に、

追撃がきたり、状況によっては電話で

凸してくる人もいます。

 

追撃や凸は、後手に回ってしまうので、

状況が悪くなりがちです。

常に優位な立ち位置をとるために、

相手とはコミュニケーションをとりやすい

と思わせておいたほうが仕事を進める上で

楽ですし効率的です。

 

ただ一次返信ばっかりで、

中身がないメールをたくさん送られてもうざい、

と考えている人もいると思います。

でもそれだといつも後手なんですよね。

後手に回ると面倒なことにしかならないんですよ。

 

仕事できない人ってだいたいメール遅いし、

いつまでも未読やフラグつけておいて

あったりするんですよね。

御託はいいからさっさと返信しろ、と言いたい。

 

もちろん場合によっては

あえてメールを放置しておくときもありますし、

ケースバイケースですが、基本は一次返信、

やっていこうぜ、というお話。

 

下記のサイト、いいこと書いてありますね。

激しく同意。

adish-hr.hatenablog.com