とあるweb屋の仕事術

とあるweb屋の仕事術

10年以上現役のweb製作屋さん。web製作雑務全部やる。

デザインカンプやプロトタイプはリアルにつくれ。ダミーテキストダミー画像は意味ないぞ

デザインカンプやプロトタイプはリアルにつくれ、ダミーテキストダミー画像は意味ないぞ

デザインカンプやプロトタイプ、

モックアップの作成時に、

ダミー画像やダミーテキストをいれる場合が

ありますが、意味がないのでおすすめしません。

 

意味がない、というのは

結局リアルなコンテンツや

具体的なイメージでないとクライアントが

想像できないからです。

 

ワイヤーフレームや、デザインカンプで

見栄えもよく整列されてきれいに仕上がって

いたものが、クライアントが運用する

リアルなコンテンツを入れたら、ダサくなった

ということ、あるとおもいます。

 

ダサいで済めばまだマシです。

 

よくないパタンとしては、

リアルなコンテンツを入れたら

デザインカンプやプロトでは気づけなかった

問題や課題がでてきて、仕様やデザインの

練り直しが必要になり、

そこで手戻りが発生してしまうパタン。

 

これもあるあるだと思います。

 

人間って実際に見ないとわからないんですよね。

想像だけでは意味がないんです。

仮のイメージやダミーを配置しても意味がないんです。

 

最終的に、完成形が見えないといくら議論しても

ムダで、絵に描いた餅になってしまうのです。

 

完成形が見えたときに、

そういえばあれもあった、これも必要だ、

それはどうなってる、あれはどうすると

はじまり、最初のデザインカンプやプロトの

仕様からだんだんとはずれていくという状態に

なります。

 

この状態にならないように、

デザインカンプやプロトの段階で

本番コンテンツ同様に

具体的にリアルに仕上げておくことが

重要です。

 

また、ダミー画像が入っているより、

リアルコンテンツを入れていたほうが、

デザインとして映えるのは間違いないので、

デザイン提案やプレゼンでもとおりやすく

なります。

 

デザインカンプやプロト、モックアップは

最初からリアルに設計せよ、です。