とあるweb屋の仕事術

とあるweb屋の仕事術

10年以上現役のweb製作屋さん。web製作雑務全部やる。

旬な提案・営業ネタに。Google for Jobsをクライアントに提案しよう。

旬な提案・営業ネタに。Google for Jobsをクライアントに提案しよう。

今回は受託やフリーランスで

日々活躍されているweb屋の皆さんに

webサイトの提案・営業ネタです。

 

なんかお客さんに提案できることないかな〜

と考えている方がいるなら、今やっとけという

旬なやつがあるので、今日はそんな話。

 

タイトルにもあるとおり「Google for Jobs」です。

Google for Jobsとはなんぞや、ということで

こちらのサイトにわかりやすく解説されています。

saiyo-kakaricho.com

Googleしごと検索(Google for Jobs)は、「求人や転職などの求人情報を探していると想定されるクエリ(キーワード)で検索したユーザーに、検索エンジンの上部にあらゆる求人情報が表示される新しいGoogleの機能」のことです。

 

と、いうわけなのです。

Google先生が求人情報を拾って掲載してくれるわけです。

Googleで求人情報を検索すると、

Googleの検索結果として求人情報を

表示してくれるようになりました。

わざわざ企業の採用サイトまで行く必要がなくなります。

 

ただ、何もしないで掲載してくれるわけもなく、

求人情報をGoogleしごと検索(Google for Jobs)に掲載したい場合、構造化データマークアップを行う必要があります。

ということですので、自社サイトの採用情報ページを

構造化データマークアップしていきましょう、というお話です。

 

Googleしごと検索(Google for Jobs)は

2018年の11月あたりからテスト導入されていたようですね。

いま時点だと3、4ヶ月たったということになるので、

まだ導入に至っていない企業も多いはずです。

これはチャンスですよね。

 

構造化データマークアップは以下のページが参考になります。

www.willstyle.co.jp

roomsofknowledge.com

まだ導入に至っていない企業も多いはずなので、

これは営業や提案としてはいいネタかなと思います。

 

構造化データマークアップ自体も

難しいものではないので

導入もすぐにできると思います。

 

導入後は、Googleのテストツールで

公開イメージをプレビューで確認することができます。

developers.google.com

構造化テストツールはこちら

https://search.google.com/structured-data/testing-tool

 

提案ネタにぜひ。

 

2019/03/09 追記

いい記事があったので参考までに。

note.mu