とあるweb屋の仕事術

とあるweb屋の仕事術

10年以上現役のweb製作屋さん。web製作雑務全部やる。

webデザイナーは1年目2年目が大事。総合力を身につけられる環境に飛び込め

webデザイナーは1年目2年目が大事。総合力を身につけられる環境に飛び込め

これからwebデザイナーに

なろうとしているひと、転職しようと

している人は、最初の1年目、2年目が

その後のキャリアにものすごく重要に

なってくるので、環境選びは慎重に、

というお話。

 

多くの人は会社勤めでwebデザイナーに

なるでしょうか。フリーランスの人も

いるかもしれませんね。

 

ここでは会社勤め寄りの話になりますが、

最初の会社選びは重要です。

 

最近は分業制の会社が多いと思います。

デザインだけやる人、

コーディングだけの人など。

 

ここで分業制の会社を選択するよりも、

総合力を身につけられる会社に就職した

ほうがよいです。

総合的にwebサイト製作が経験できる

会社かどうかをしっかりと見極めましょう。

 

最初の1年目に分業制の会社に入り、

たとえばバナー制作や、簡単なランディング

ページ作成やwebサイトの更新業務だけを

やらされては、大した経験になりません。

 

はじめのうちは「何でも経験」という

考えでいけばありなのですが、

注意しないといけないのは、

その環境に染まってズルズルと

過ごさないこと。

 

大事な1年目2年目を大した経験もせずに

終えてしまうと、デザイナーとしての

キャリアが弱いまま、

3年生になってしまいます。

 

webデザイナー3年生になったときに、

何ができるか。

 

バナー作成とLP制作だけやってました、

簡単なwebサイトの更新作業担当でした、

という人材は代わりがいくらでもいます。

正直、誰でもいいと言えます。

 

もちろん分業すれば、

特化されているということなので

専門的にノウハウやテクニックは

それなりに高くはなるはずですが、

それでもやっぱり求められる人材は、

総合力のある人間なんですよね。

 

最近では簡単にwebサイトが作成できる

サービスなんかも多いですし、

今後需要があって、生き残れるのは

総合力のある人がほとんどです。

 

コーディングだけできます、

デザインだけできますの人は、

替えがきくので誰でもよくて、

そういう人材は安給料で、

ただの作業要員としか見られません。

 

めちゃくちゃ特化してて誰にも負けない

くらいのスキルだった場合は別ですけど、

総合力ある人ってたいてい何でもそれなりに

できるんですよね。

経験値が多い分、引き出しも多い。

特化した人にも負けないくらいのスキルを

持っていることが多いと思います。

特化してきた人とも大した差がないんですよね。

 

総合力って何、というと定義が

難しいですが僕が考える総合力は、

webサイトを企画提案からディレクション、

実装までトータルですべてこなせる、

というところだと考えています。

 

分業が悪いというわけではないですが、

最初に分業の会社に入ってしまって、

うだつが上がらない、ということがないように。

自分でしっかりと将来を見据えて、環境を

選びましょう。

 

最初の1年目は分業制の会社で

web会社のなんたるかを経験した上で、

2年目に総合力が身につけられる会社に転職、

とかはいいと思います。

 

とにかく2年目までは、

伸びしろがあり、モチベや馬力も高い状態で

いろいろ経験できて吸収率がよいので、

その機会を無駄にしないこと。

 

若ければいいですが、歳を重ねたり、

経歴が長くなってくると

吸収率や馬力が落ちてきます。

伸びしろも減っていきます。

 

webデザイナーは1年目2年目が大事。

総合力を身につけられる環境に飛び込め。