とあるweb屋の仕事術

とあるweb屋の仕事術

10年以上現役のweb製作屋さん。web製作雑務全部やる。

阿部寛のホームページに思うWebサイトのデザインのあり方

阿部寛のホームページに思うWebサイトのデザインのあり方

 先日こんなツイートが話題になっていました。

 

みなさん、阿部寛のWebサイト

知ってますでしょうか。

見たことない方はぜひ一度アクセスしてみてください。

abehiroshi.la.coocan.jp

どうでしょうか。

「爆速」じゃないですか。

これは笑うくらい表示速度早いですよね。

 

デザインは1990年代くらいのまま

時が止まっているかのようなデザインですが、

情報は最新で、おそらく速度制限をくらっていても

問題なく見れると思います。

 

こんなまとめもありました。

365funbox.net

Googleの検索結果や、

最近求人サイトとして勢いのある

Indeedインディード)にも思うことなのですが、

シンプルってすばらしいですよね。

 

Webサイトは情報が見れればそれだけで

いいと思ってるんですよね。

 

最近やたらとアニメーションしたり、

スライドしたり無駄な挙動が多すぎて

うんざりすることもあります。

 

まぁそういうのを実装している側に人間なのですが、

阿部寛のWebサイトをクライアントに提案したら

一瞬で却下されるでしょうね...w

 

でもこういう阿部寛のホームページ、

情報が最新で爆速でストレスなく見れるって

素敵だと思います。

 

似たようなので記憶に新しいのは、

ゴールデンボンバーのWebサイト。

Wikipediaのデザインだと話題になっていました。

pc.goldenbomber.jp

ゴールデンボンバーのWebサイトを称賛するというよりは

ウィキペディアのデザインを称賛するべきなのでしょうけど、

装飾が最低限しかなく、情報の掲載に特化していますよね。

 

ちなみにこっちが本家ウィキペディアゴールデンボンバーのページ。

ja.wikipedia.org

最近のWebサイトはゴリゴリといろいろ動かしたり

画像がドーン、みたいな水戸黄門デザインが多いので、

もうこういうのでよくない?と思ってしまいますね。

 

ツイッターも情報閲覧に特化していて、

UIがシンプルでいいですよね。

TwitterをWebサイトというかはさておき。

 

シンプルが至高、というお話でした。