とあるweb屋の仕事術

とあるweb屋の仕事術

10年以上現役のweb製作屋さん。web製作雑務全部やる。

大人な事情も考慮してデザインする

大人な事情も考慮してデザインする

Web制作では

デザインに「大人の事情」が絡んできます。

 

Webサイト完成間近や

リリース間近、案件も架橋というときに

鶴の一声でこれまでやってきたことが

覆される、なんて経験をしてきた方も

多いんじゃないかと思います。

 

パターンとして多いのは、プロジェクト終盤に

 

・唐突に別部署のぽっと出の「誰だよお前は」と

 いうような輩がでてきてあーだこーだと掻き回す。

・スポンサーがらみでレイアウトやデザイン変更を

 余儀なくされる。

・プロジェクト終盤に役員が口を挟んで、前提を覆す。

 

などはあるあるかなという気がします。

ぽっと出と、役員が出てくるのは回避不可能かもしれません。

ただスポンサーがらみはある程度想定することが可能です。

 

CMや広告で起用しているようなイメージ、

芸能人、アーティストなどのバナーや

コンテンツは取扱い注意ですね。

優先度はものすごく高くなります。

 

ファーストビューに配置されるようになど

考慮が必要になります。

Webサイトの下のほうにあると、

スポンサーに顔向けできないからです。

 

僕の実話ですが、ナショナルクライアントの

Webサイトを担当した際に、デザインも固まって

問題なしとなっていたものが、

Webサイトのリリース直前にまさに役員が

登場し、ファーストビューにはいっていない、と

指摘がはいり、レイアウトの変更を余儀なくされた

ことがあります。

 

これに関しては僕の未熟さと想定不足だったと

反省。デザインで見栄え、ビジュアルを優先しすぎたために

大人の事情が考慮できていないデザインでした。

 

正直、そんなのユーザファーストで考えれば

クソくらえと思ってしまいますが、

Web製作者としては、大人の事情を考慮した

デザインやディレクションができることも

重要なスキルのひとつかなと思います。