とあるweb屋の仕事術

とあるweb屋の仕事術

10年以上現役のweb製作屋さん。web製作雑務全部やる。

Webサイトはおっさんである。Webサイトのデザイン案がとおりやすいおっさん攻略

Webサイトはおっさんである。Webサイトのデザイン案がとおりやすいおっさん攻略


Webサイトは、

制作してるのがだいたいおっさんです。

企画してるのもほぼおっさんです。

 

提案するのもおっさんで、

営業するのもおっさん。

 

発注してるのもおっさんで、

受注してるのもおっさんだし

動作確認するのもおっさん。

 

決裁権をもっていて、

最終的に決断するのもおっさん。

鶴の一声なんかも総じておっさん。

 

つまりもうこれは、

Webサイト=おっさん

Webサイトはおっさんなんだってことなんですよね。

 

Web制作会社やWeb製作者が

まず考えないといけないのは、

おっさん攻略です。

 

Web制作会社やWeb製作者は営業、

企画提案やコンペ、付き合いのある会社から

仕事を受けたり、リピート受注などなど

さまざまな経路で仕事を受注します。

 

さまざまな経路から来ても、

とりあえずいるのは、

目の前の発注者もしくは担当。

つまり、おっさんです。

 

この目先のおっさんをどうにかしないと

何も始まらない。

目の前のおっさんに気に入ってもらえないと

何も進まないのです。

提案や受注の鍵は、おっさんなのです。

 

おっさんにウケのいいデザイン案。

提案がとおりやすくするには「動かせ」です。

おっさんは動きのあるものが好きです。

 

動いているととりあえず「おぉ〜」ってなります。

スライドとかアニメーションがとにかく好きなんですよね。

提案時にデモで動くものをもっていくと、

 

とりあえず「おぉ〜」

 

効果的です。

プロトタイプツールで

自動アニメーションのように

動きをつけれるものも一般的になってきましたよね。

動きをつけるだけで、印象がよくなるので、

やらない手はない。

 

おっさんは動くものが好き。