とあるweb屋の仕事術

とあるweb屋の仕事術

10年以上現役のweb製作屋さん。web製作雑務全部やる。

Webデザイナー「あるある」友人・知人にWebサイト頼まれる問題

Webデザイナー「あるある」友人・知人にWebサイト頼まれる問題

Webデザイナーやってると

かならず友人・知人から

ホームページ作りたいマンが発生します。

 

友人のさらにその知人などからも発生してきます。

ホームページ作りたいマン。

 

友達価格で安くできない?と言ってくる輩もいます。

友達価格を要求してくるような場合は、

しっかりと断りましょう。

断らないとだめです。

 

断ったほうがいい理由は、

 

・友達価格はプロとして受けてはいけない。

 安請け合いは将来自分の首を締める。

 たとえ駆け出しのデザイナーでも安く受けてはだめ。

・安請け合いするとWeb業界全体の単価を下げることにも

 なりかねない。

・友達価格を要求してくるやつは、そもそも友達ではない。

・友人なら技術に対して、プロに対してお金を払うのが当然である。

 その意識がないやつと仕事をしてもろくなことにはならない。

・100歩ゆずって友達価格で受ける場合、言い出しっぺは自分側。

・仕事で揉めると友達なくす。

・一回でも安請け合いすると、次回以降もその価格を基準にしてくる。

・友達価格でと言ってくるやつはだいたド素人なので、

 理不尽な要求や修正の回数が多くなっても気にしない。

 そうなるとやってられないし、追加料金をとるとらないで面倒。

 

Webデザイナーになりたての頃、まだ就職が決まる前、

実績になるなと考えて、僕も安請け合いで2件ほど、

知人のサイトを作ったことがあります。

 

実際のWebサイトを製作するので勉強にもなったし、

その実績をもって就活したので、いい経験にはなりましたが、

今考えるとありえない価格で受けていたなぁと思います。

 

就職してWebデザイナーに落ち着いてからも

知人から何度か依頼されましたが、

友人知人からの依頼は断っています。

 

なかなか断れなくて、

ごにょごにょしてたら、なんとなく霧散して

それ以来関係がなんか気まずくなって

疎遠になった方も何人かいらっしゃいます...。

 

頼まれると断りにくかったりするんですよね。

断り方は、こんなかんじでいいとおもいます。

 

・忙しいから無理、とにかく本業が忙しい

 スケジュールが物理的にもういっぱいで余裕がない。

・金額をめちゃくちゃ高めにする。

 相手から断るように仕向ける。

・個人では受けられないので会社で受けるよ、といったり。

・知人・友人とは仕事しないって決めていると断言

 

などなど。

 

仕事仲間、仕事関係でつながった人であれば

受けてもいいとは思っています。

仕事関係のつながりであればお互い業界のことを

知っているので、依頼内容でおかしいことや進め方、

金額などで揉めることが少ないからです。

 

何も知らない人と関係をもつのが非常に面倒で、

大変ですね。

 

普段自分がいるWebの世界、業界で当たり前の

話が通じなかったりするので、認識の違いから

問題が起きやすい。

 

ちなみにフリーランスの場合は、

受けてもいいとは思います。

もちろん安請け合いではなく、

正規のちゃんとした価格で。

 

ということで、

ホームページ作りたいマンが、安くやってほしいと

言ってきた場合は、断りましょう。