とあるweb屋の仕事術

とあるweb屋の仕事術

10年以上現役のweb製作屋さん。web製作雑務全部やる。

忙しいときでも暇なときでも仕事のクオリティは変えるな

忙しいときでも暇なときでも仕事のクオリティは変えるな

忙しいときでも暇なときでも、


成果物のクオリティは

変えてはいけない。

 

できる人は時間がなくても

一定の高いクオリティのものをあげてきます。


時間がなかったからこれでいいや、

という妥協の仕方はしません。

時間がないのならできる範囲のところまでは

完璧に仕上げるというか、中途半端なものは

絶対にあげてきません。

 

僕も
「あ、妥協してるな」と思われないよう、

がっかりされないように心がけています。

妥協はかならず相手に伝わってしまいます。

 

忙しい時にクオリティが下がる人は、

暇な時でもクオリティが低いひとです。

もともとクオリティが低い。


どんなに時間があっても

低いクオリティのものしかあげてこない。


時間があればもっといいモノができたはず

ということもなく、成果物に対しての意識が低いので

時間がどんなにあろうがここまででいいや、と

着地している。

 

こういうことを繰り返していると社内、社外ともに

信用が落ちていくし、仕事任せられない人材に

なっていくので、注意しましょう。

この人だめだな、と思われたら終わりです。


時間をかければいいモノができるのは当たり前

のように思われるけどそうでもない。

 

成果物に対してどこまでをクオリティを追求

するか、デザイナーとしての意識が重要です。