とあるweb屋の仕事術

とあるweb屋の仕事術

10年以上現役のweb製作屋さん。web製作雑務全部やる。

Webの現場では教えてくれないダークサイドスキル「誤字・脱字」

Webの現場では教えてくれないダークサイドスキル「誤字・脱字」

Webの現場で使えるダークサイドスキルを

紹介します。僕もよく使う手法です。

 

ダークサイドスキルはシリーズ化して紹介したいと思うのですが、

今回はタイトルにあるとおり「誤字・脱字」です。

 

これはどういうときに使うかというと、

まず使うところは、メールかチャット、プロジェクトツールなど

相手とテキストベースでやりとりするところで使います。

「誤字・脱字」なのでテキストなのは当たり前ですけどね。

 

で、使いドコロは、

・少し言い方きつくなってしまいそうな表現や指摘をするとき

・命令口調をやわらげたいとき、

・やわらかい印象を与えたいとき

・叱ったあと

です。

 

僕は無口で無表情なタイプなので、

印象としてはきついイメージを

持たれるタイプだと自分では思っていて、

相手とやりとりするときは、

少しくだけたいということもあり、

部下や後輩、同僚にに何か依頼するときに

使います。

 

クライアントのメールではやりすぎると、

ただのやべー奴なので、あまりやりませんが、

稀にあえてやるときがあります。

先方のミスで相手が、

かしこまりすぎているときとか

相手に逃げ場がないような状況のときには

使うと少し空気がよくなる気がします。

肌感覚ですけれどね。

 

くだけると、現場の空気が少しよくなるんですよね。

張り詰めて作業してるときもあるし、ピリピリする

ときもあります。

そんなときにおすすめのスキルです。

 

使いドコロまちがえると、なめてんのか、ってなるので

要注意です。