とあるweb屋の仕事術

とあるweb屋の仕事術

10年以上現役のweb製作屋さん。web製作雑務全部やる。

不採用になっても諦めるな!未経験からwebデザイナーになるための求人応募の裏ワザ

不採用になっても諦めるな!未経験からwebデザイナーになるための求人応募の裏ワザ

webデザイナーに限らずですが、

これからweb業界に飛び込もうとしている人、

またまた求人エントリーしたけど残念ながら不採用と

なってしまった人へ、裏ワザ紹介します。

 

僕の会社は基本的にいい人材はいつでも

採用したいという方針があるので、

採用サイトでは常に募集をしている状況で、

月に数回未経験者からの応募があります。

 

webチームのマネジメントをしている僕は

採用の面接も担当しています。

 

それでさっそく裏ワザですが、

「1回不採用になっても、めげずにもう一度応募する」です。

不採用になったら諦める人がほとんどなんですよね。

 

本当ににその会社入りたければ2回でも

応募してくればいいのに、といつも思っています。

 

応募側からすると2回応募するのってありなのか?

と思うかもしれませんが、たぶんほとんどの会社の

人事担当者は、2回応募は全然あり、と考えている

と思います。

 

もちろん不採用になったあと

すぐに再応募では結果は同じなので、

不採用になった理由を

自分なりにしっかり分析して、

勉強して成長してきましたという切り口で

再度応募してきたら、面接する側としては

「おっ」と思います。

 

1回だめだったからすぐにあきらめるのではなくて、

期間をあけて2回目の応募にチャレンジするのは

めちゃくちゃありですよ。

 

1回面接しているからどんな雰囲気でどんな面接になるか

想像できてそれだけで他の応募者より有利ですし、

2回目だな、と面接担当に認識されていれば

ほかの応募者より明らかに目立っています。

 

応募の際には目立つことも大切です。

面接官は何人もの応募情報を見ているわけで、

その中でよくも悪くも平凡な人や特に何かひっかかる

部分がない限り、多くの応募者の中で埋もれてしまって

書類審査の時点で不採用になってしまいます。

 

何より2回も応募してくるって

よほどの熱意がないとしてこないので、

2回応募されただけで面接する側としては

うれしいですね。

 

1回目の面接のときに2回目も応募するぞ、という

意志をアピールするのも有効だと思います。

 

「もし不採用になった場合、

期間をあけて再度応募するのはありでしょうか」

 

これを聞かれただけで、会社に入りたい熱意が

他の人よりあるように思えます。

 

2回応募するまでに、期間が空いてしまうことで

そもそも稼ぎがなく目の前の生活ができなくなる

という方もいると思いますが、

求人は戦略が大事です。

 

どうやったら採用されるのか、

どうしたら自分を採用したいと思ってもらえるのか。

自分の武器は、自分の売りは何なのか。

今の生活は大丈夫か。

採用されたら、採用されなかったらどうするのか。

ちゃんと考えてから行動するようにしましょう。

 

とにかく、2回応募は有効ですよ。