とあるweb屋の仕事術

10年以上現役のweb製作屋さん。web製作雑務全部やる。

ひとつのやり方に固執するな!webデザインの実装に困ったときの対処法

ひとつのやり方に固執するな!webデザインの実装に困ったときの対処法
webデザイナー/UIデザイナー、

フロントエンドエンジニアのみなさん、

webサイトの実装をしていて

「この動き、どうやって実現しよう」

「どうやって実装しようかな」

っていうことありませんか?

 

昨今のwebサイトは「操作感」が

すごく重要になってきていますよね。

 

デザインカンプ作成しているときには気づけなかった

「そういうパターンもあったか」みたいな問題が

実装時には浮かび上がってくるもので、

特に動的なサイトではよくありがちですよね。

webサイトは「使うもの」だから操作してはじめて

気づく問題がたくさんあります。

 

そのときどうやって素早く解決するか。

ひとつの解としては「妥協」が一番はやいです。

 

「妥協」というと少し語弊がありますが、

webサイトの機能の実装にてこずるとスケジュールが

圧迫していきます。

でも納期はだいたい変更がむずかしい。

 

そういうときはある程度で見切りをつけて、

別の代案に着地させるという方法でもいい、

というのを頭にいれておくといいです。

 

作業が遅い人はこの発想がなくて、

ずっとひとつのやり方に固執して

ただただ時間を費やします。

 

作業が早い人はこれ無理ゲーじゃん、

ちょっと時間かかりすぎるな、という判断を

早めにして別の解決策に取り掛かります。

最悪解決が難しい場合は代替案で、問題をおさめる。

別のアプローチをすればいいだけなんですよね。

 

とある人がずっと悩んでいる問題で、

ヘルプで別の担当者をアサインしたらあっさり解決、

みたいなことwebの現場ではあるあるです。

 

これはあとからアサインした人に知識や経験が多いから

ということもまぁあるのですが、対処法を柔軟的に考え

ているからです。

 

「どうしてもこういう動きを実現したい」と

要件にあって、限られた時間の中で対応が難しい場合、

必ず代案はあるものです。

 

そういうのはディレクターやクライアントに事情を

説明すればいいだけの話で、何が何でもその形にしないと

いけないなんてことはないんですよね。

 

若手や新人のうちはなかなかこの発想がなくて

時間をかけてしまうことがありますが、

答えはひとつではない、というのをアタマにいれて

webサイトを構築するようにしましょう。