とあるweb屋の仕事術

とあるweb屋の仕事術

10年以上現役のweb製作屋さん。web製作雑務全部やる。

制作途中のデザイン見せる派?見せない派?

制作途中のデザイン見せる派?見せない派?

webデザインやUIデザインの設計段階、制作過程のお話。

みなさん社内レビューや上司への報告は、

どうしていますか?

 

デザイン途中のものを見せるのか、見せないのか。

議論が分かれるところだと思います。

 

デザイン途中のものを見せる、チェックしてもらう派の

デザイナーは、デザインの方向性が間違っていないか

要所要所でチェックしてもらって、あとでどんでん返しに

ならないよう、デザイン作業にあたることができる、

という感じなのかなと想像します。

 

ちなみに僕は途中のものは一切みせないスタンスです。

見せない派の僕は、以下の理由で見せないようにしています。

 

・途中のものを見せると余計な指摘や質問が来て、説明が面倒。

 本来指摘されなくていいことまで指摘されるはめになる。

 そのせいで時間をロスする。

 

・デザイン作業の事前の打ち合わせで擦り合せして

 認識を合わせておくことで、経験値的に方向性を

 間違わずにデザインできる。

 どんでん返しや大幅な修正が入ることは少ない。

 

若手や新人、デザインに自信がない場合は、こまめに

途中のデザインでもデザインチェックをしてもらったほうが

時間のロスが少なく済むと思います。

途中アドバイスももらえるし、効率的です。

 

ただある程度経験をつむと、

そのプロセスが必要なくなります。

 

まずほぼ完成形のデザインをあげてしまえるように

なります。そこからレビュー、チェックが入り、

デザインクオリティを上げていく、という流れで

できるようになります。

 

僕はいったん自分でデザインクオリティを仮の最終型

までもっていって、そこから話をするようにしています。

そのほうが話がはやいんですよね。

 

最近はさらにフローが簡略化してきていて、デザイ

ンをビジュアルイメージで起こすいわゆるデザインラフ、

デザインカンプ作成ということも減ってきました。

 

ブラウザでプロト実装して実際に挙動までつける

インブラウザデザインでやっています。

最近のwebサイトは動きが多いので「絵」では

どうしても伝わりにくいんですよね。