とあるweb屋の仕事術

とあるweb屋の仕事術

10年以上現役のweb製作屋さん。web製作雑務全部やる。

そのデザイン変える意味あるのか問題

そのデザイン変える意味あるのか問題


今日たまたま新人くんに指示を出していて、伝えた話。

 

デザインの改修案件でまれに上司の「好み」だけで

デザインを変えたいということがあります。

もちろん上司は「自分の好みじゃない」なんて

ストレートには言ってはこないのだけれど「感覚」でものを言ってきます。

 

こういう場合は要注意です。

何度もデザインや仕様の変更をするパタンになりがちだからです。

そもそもデザイン改修の目的が「好きじゃないから」ということで、

ただそれだけだとゴールが不明確な状態ですよね。

 

「好み」はどこまで修正するのか、

どこまでやればいいのかという終わりがないので、

こういう場合は論理的にデザインの問題点や改善点をあげて、

どこまでやるのか着地点を明確にして相手に伝えるとよいです。

相手の「好み」に振り回されてはいけない。

 

それとそもそもやる前に

「それやる意味ありますか?」

というパワーフレーズを言ってあげるのも有効です。

僕は新人時代、よく上司に言ってました。

今思うと生意気な社員だったな、、と思いますね。

 

なにか問題があると

すぐにデザインを変更しようという発想をする人がたまにいるけれど、

デザイン変えてもたいして変わらないってこと多いんですよね。

もちろんデザインには世界を変える力があると思います。

でも「それほんとに変える意味ある?」

「なんで変更するのか」というように

目的とゴールはちゃんと考えたいところ。