とあるweb屋の仕事術

とあるweb屋の仕事術

10年以上現役のweb製作屋さん。web製作雑務全部やる。

仕事の回し方

【Webデザイナー、ディレクターとしての経験を爆上げする方法】場数を踏む。自発的に何でもやる、勝手にやる、面倒なタスクを積極的に引き受ける

Webデザイナーやディレクターとしての 経験を上げたい。でも経験ばかりは、 ある程度の期間を必要とするのですぐに どうこうできるものでもないし、難しい。 そう考えているひとも多いと思います。 たしかに「経験」は他人から得られるものでも ないですし、…

サポートセンターじゃねぇぞ!と思っても、Webサイト制作に関係ないクライアントからの質問や相談は邪険にしないで丁寧に応対しよう

Web制作あるあるですが、 クライアントからWebサイトに 関係ないことで質問や相談を 受けることがたまーにあります。 たとえば 「PCが動かなくなった」 「PCを変えたらメールが受信できなくなった」 「印刷設定が変わってしまった」 などなど。 クライアント…

デキるデザイナー、ディレクターの条件。相手の時間を奪わない、負担をかけない、考えさせない。

ディレクターやデザイナーが Web製作する上で、手を動かす 実務より大切なことがあります。 それは 相手の時間を奪わない、 相手に負担をかけない、 相手に考えさせないやりとりを 心がけること、です。 気が利くかどうかがデキるWeb屋の条件です。 先日見か…

不具合や技術的な問題が起きたときのガイドライン、テンプレ。クライアントからの質問の質が低い場合は正しく伝えてもらうように誘導しよう

今回はクライアントワークでの コミュニケーションのお話。 先日こんなツイートを見かけました。 技術的な問題で質問する時質問側がちゃんと状況説明できないと難航する。〈悪い例〉サイトが急に動かなくなった!〈良い例〉wordpressで作ったサイトに○○をし…

Webサイトの修正依頼・フィードバックをどこまでやるかの線引きと仕切り

Webサイト製作の過程で、 クライアントの確認のフェーズが かならずありますが、そのあとには だいたい修正要望・修正依頼があります。 フィードバックというやつですね。 この修正依頼というやつは なかなか注意が必要です。 言われるがままにやりだすと エ…

仕事をスムーズにこなすための4つの思考【良ツイート紹介】

仕事がうまく回らないときや 回ってない状況を一歩引いてみると、 何かやり方が間違っていて、 遠回りしているということが 多いですよね。 無駄なことをしていたり、 話をややこしくしていたり、 むずかしく考えすぎていたり、 根本から間違っていたり、 方…

漫画から学べる。ドラゴンボールビジネス論が勉強&参考になりすぎておもしろい!

面白くて勉強になるツイートを 見かけたのでご紹介。 漫画ドラゴンボールの キャラクターやストーリーが ビジネス視点で解説されています。 ドラゴンボールビジネス論①「なぜ、同じ人間なのにヤムチャは凋落し、クリリンは世界一強い地球人になれたのか?」…

Web製作の品質とお金と早さの話

めちゃくちゃ共感、 共感の嵐のこんなツイートがあったので ご紹介。 めっちゃこれいいわ。発注者にわかって欲しい事実。 pic.twitter.com/B4VQZRA0cx — ふぁるこん 7/28-8/2 SIGGRAPH (@makotofalcon) June 19, 2019 品質/価格(安さ)/早さの相関を うま…

普段の何気ない会話から周囲の人間との情報レベルを合わせておくとディレクションやWeb製作フローがスムーズになりますよ

上司や同僚がどんなことを 考えているのかだったり、 いま気にしているWebのトレンドや 技術は何なのか、 よくみるWebサイト、 よく使うWebサービスは何か。 どんな技術書、 参考書・教本を読んでいるかなど、 よく仕事をするひとが 普段どういった情報に 触…

デザイナーがUI設計/デザインする上で持っておきたい大切な3つの視点・意識

デザインをする上では、 重要な3つの視点があります。 ユーザ視点 クライアント視点 開発者視点 この3つはデザイナーに必要な視点であり 常にもっておきたい「意識」です。 デザインを設計する上で一番大切なのは、 やはり「ユーザ視点」です。 ユーザにと…

結論から言う、具体的に言う、箇条書きにする。要点をまとめて相手に物事をわかりやすく伝える方法。

Web製作で一番むずかしいのは コミュニケーションです。 デザイン設計やシステム設計、 プログラミングなど実装レベルの業務も もちろん難しいですが、プロジェクトを うまく進行するには、 コミュニケーションスキルが必須で、 いちばんむずかしく、悩まし…

2019年5月9日の気になるIT・Web界隈の記事まとめ

デザイナ目線でピックアップ、 IT業界・Web界隈の気になる記事まとめ、 2019年5月9日号です。 気になる動向・ニュース Instagram、アカウント停止に関するガイドラインを改定へ LINEアプリ「画像内の文字起こし」機能を追加!画像内のテキスト翻訳も対応 勉…

当事者意識が大事。他人まかせにしているプロジェクトやタスクは失敗する。

Webサイト製作の案件でのプロジェクトの進行にあたっては、 自分ひとりしかいないと思え。 自分が要件を取りこぼしたら、誰も拾ってくれないと思え。 これは僕が新人時代、上司に言われた言葉。 企画書作成、要件定義、打ち合わせや、デザイン作業、コーディ…

web製作でのメール術「メールは先に書いておく」

web製作や保守運用する場合社内・社外に関わらず、 メールでのやりとりが多いと思います。 今回はメールを先に書いておくメール術を紹介します。 僕がよくやるメール技です。 使いドコロは、タスクの完了報告や進捗報告など、 なにか物事を報告するとき。 た…

船頭が二人になると船が沈む。ディレクションはひとりの人間のみがするべき

webデザイナー、UIデザイナーは デザインレビューやデザインの方針、 デザインの修正指示・フィードバックを 日々受けてこなしていると思いますが、 異なる2名から別々に指示を受けること、 ありませんか? これはけっこうあるあるだと思うのですが、 デザイ…

プロジェクト管理ツールはもういらない!サクッとプロジェクト管理できるGoogleスプレッドシートがおすすめ

みなさんプロジェクト管理ツール、 使っていますか。 今日は僕の勤めている会社ではどのように プロジェクトを管理して進めているか 紹介します。 いろいろ便利なプロジェクト管理ツールが ありますが、使用しているのは、 管理に使用しているのは、 Google…

ディレクション力は想像力。「相手」を仮想化して先回りすること。

webディレクションは 対人スキルだという話を 以前書いたのですが、少し別の視点の話。 ディレクションに限らずですが、 web制作は人とのコミュニケーションが 制作進行に大きな影響を与えます。 スムーズに進めるためにはどうすればいいか。 こたえは、 「…

小さな信頼の積み重ねと経験値アップのチャンス。クライアントからの相談・要求にはゼロ回答しない

クライアントから相談や要望が来たときに、 ゼロ回答するひとがたまにいますが、 もったいないので、必ずなにかしら代案を だすようにしましょう。 ゼロ回答とは、 要求にまったく応えないこと。要望に対して、それに報いるような内容がまったく含まれていな…

マルチタスクは小さいタスクから片付けるのが鉄則。

仕事を早くするコツ。 だいたいWeb屋の皆さんはマルチタスクで 同時進行のタスクをいくつか抱えて 日々業務にあたっていると思います。 マルチタスクでは、ひとつのタスクが 滞ったり何かでハマったりして 作業が遅れたり止まったりしてしまうと、 あとのタ…

webサイトの不具合を素早く解決するコツ

webサイトは生モノで、 生き物のように日々変化しています。 動的なwebサイトでは毎日コンテンツが 更新されますし、デバイスやOS、ブラウザ などwebサイトを取り巻く環境まわりの環境も 変わっていきます。 そのためwebサイトは、問題や課題、改善点 が常に…

タスクは抱えるな。なるべく相手にボールをもたせよう。

web制作の現場では、 なるべく相手にボールをもたせておく、 ということを意識してやるとスムーズに 事が進みます。 これはどういうことかというと、 何かしらのタスクを自分のところで 止めておかない、ということです。 自分待ち、という状況をなるべく つ…

メールの返信は早ければ早いほどいい。一次返信をうまく使おう。

web制作の過程で、重要なスキル、メールです。 メールのスキルはほんとうに重要で、 今回は返信の早さについてのお話。 仕事ができるひとって メールも即返信くれたりしますよね。 安心感があります。 逆になかなか返信がかえってこない 人もいます。メール…

デザインカンプやプロトタイプはリアルにつくれ。ダミーテキストダミー画像は意味ないぞ

デザインカンプやプロトタイプ、 モックアップの作成時に、 ダミー画像やダミーテキストをいれる場合が ありますが、意味がないのでおすすめしません。 意味がない、というのは 結局リアルなコンテンツや 具体的なイメージでないとクライアントが 想像できな…

仕様書はいらない。Webサイト製作前の要件定義書/仕様書は幻想である。

Webサイト制作フローのひとつ、 要件定義。 制作前には要件定義書や仕様書を作成し、 その仕様どおりに、実装し製作を進行していく。 「仕様書」これはもうファンタジーです。 妄想も大概にしろと言いたい。 仕様書どおりに進むことは100%ないです。 完璧な…

見逃すな!要望や要件追加はリスケのチャンス。タスク管理、ディレクション術

Webサイト製作の進行中は クライアントから 何かと要件が変わったり、 追加要望がでてくるもんです。 製作側も実際に制作してみないと 気づけない問題が出てきたり、 そのパターンもあったのかなど 進めていて出てくる問題や課題も 多くあります。 どんなに…

クライアントと相性が合わなければメンバーを変えろ

クライアントの担当者と 相性合わないな、 と感じることありませんか。 こういう場合、 コミュニケーションコストもかかる上に、 お互いの精神衛生上もよくありません。 人間なので相性はやはりありますし、 重要な問題です。 合わない相手とやりとりすると…

コミュニケーションコストもしっかりと見積りにいれよう

Web製作、ディレクションの難しさは なんと言ってもコミュニケーションです。 相手とのやりとりがスムーズに行えるか。 伝えたいことが意図通り伝わっているか。 相手が言っていることを理解できているか。 認識違いがないか、 言った言わない問題が起きてい…

Webデザイナー/Webディレクターは自分で案件コントロールできるようになれば楽になる

Web制作会社務めで なにが大変かというと、 自分で案件をコントロールできない ということだと思っています。 新人や若手のうちはとくに。 必ず上司や先輩の指示に従って、 そのコントロール配下で 仕事を進めなければいけないという制約が つらいところだと…

ディレクションのコツ。クライアントの担当窓口はひとりに集約してもらえ

Webサイト製作の進行で、 話がまとまらなかったり複雑になったり することがあります。 ひとつの要因としてあるのが、 クライアントの担当者が複数人いるときです。 この件はAさんだけどこの件はBさん、 その他の件はCさんなど、 やりとりしないといけない担…

身内が打ち合わせやプレゼンするときはガヤする

Webサイトの新規提案、 改善提案などなど、Web屋のみなさま 日々、お疲れさまです。 本日、とあるメディア系のWebサイトの リニューアルの打ち合わせがあり、 プレゼンをしました。 僕がプレゼンをしていたわけではないのですが、 開発メンバーとして打ち合…